未分類

判決問題(権利関係)

投稿日:

近年は、ほぼ1問出題されている判決問題についてですが、

読解力のある方にとっては、確実に取れる1問です。

なんたって、問題の中に答えがあるのだから、事前学習は必要ありません。

ただ、問題が長いので時間を取られます。

この問題を試験中いつ解くのか、悩ましい所ですね。

私が最初に受けた試験では、最後に時間がなく、問題を読むのを諦めて

テキトーに番号決めるかギリギリの選択でしたが、

冷や汗書きながらラスト2分で、理解できないまま問題を読み、

結果、間違えました。

理解できるまで読み返す時間もなく、焦りの中で答えを決めたので当然の結果です。

帰ってから、後から読み返すと正解は普通に分かりました。

まさに時間で落とした1問です。

読解力があるかどうかで、この判決文問題が得意かどうか分かれると思いますが、無い人は後回し、ある人はいつ解いてもいいと思います。

過去問10問やってみて、普通の速さで読み、ほぼ正解できる人は、読解力のある人です。

半分以上間違えた人は、この問題に時間を食われないよう注意しましょう。

最後にまわしてもいいかもしれません。

特に、問題を何度も読み返さないと何を聞かれているのか

なかなか理解できないという方は、本気で前もって方針を決めておきましょう。

1問で10分費やす時間はありません。

途中で10分遅れたら、焦りが半端ありません。

焦ったら、脳がパニックになって通常なら簡単に解ける問題も

間違えてしまうかもしれません。

気を付けましょうで、気を付ければいいのですが

そんなに言葉通り簡単に気を付けれません。

だからこそ、事前に決めておくのです。

判決問題はいつ解く?

-未分類

Copyright© 宅建士試験に独学で合格する勉強法 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.